メインの内容へジャンプ 芝法人会

本文はココからです。

佐藤奈織美さん/女優、芝法人会スペシャルサポーター、芝税務署広報大使


佐藤奈織美さん/女優、芝法人会スペシャルサポーター、芝税務署広報大使 芝法人会スペシャルサポーターで、芝税務署広報大使を受嘱されている、女優の佐藤奈織美さんに、法人会での活動と芸能活動についてインタビューしました。
(※2020年12月21日に取材)

佐藤奈織美(さとう・なおみ)
1995年11月6日生まれ(25歳)
出身:茨城県
稽古事:日本舞踊、着付・礼儀作法
特技:卓球、水泳
趣味:読書 (伝統・文化・古事)


どんな時代でも、どんな人からも愛される作品への出演を目指して努力しています

女優として、映画やドラマ、企業CMなど映像への出演を中心に活動しています。2020年10月で、芸能活動10周年を迎えました。

テレビなどを観て「演じる」ことに興味を持ち、女優さんに憧れたのは小6で、中3のときに事務所に所属し、芸能活動をスタートしました。「相手の気持ちを正しく受け止められて、かつ自分の気持ちを正しく伝えられる人になりたい」と思い、「表現力・理解力」が鍛えられる「演技」の道を歩きはじめました。

一番好きな映画は『ローマの休日』です。どんな時代でもどんな人からも愛される作品ですし、オードリー・ヘプバーンさんのような、いつまでも・誰の心にも残る演技ができるようになりたいと、日々努力しています。現代の女優では満島ひかりさんや蒼井優さんに憧れています。どんな作品に出演されても印象に残るすごい演技力で、とても魅力的な方です。

映像関係以外では、俳優座劇場での『ハムレット』のオフィーリア役など、大きな舞台に何度か出させていただきました。ドラマや映画の現場と違い、たくさんのお客様がすぐ目の前にいらっしゃる中で、やり直しがきかない、常に本番、勝負の連続で、たいへん鍛えられました。舞台上で歌う場面もあり、先輩役者からの指導は非常に厳しかったですが、そのおかげで 「女優としての基礎」を固めることができた印象深いお仕事でした。


芝法人会とのご縁は、主演舞台で共演した方からのご紹介がきっかけです

事務所時代の約8年間は、子役や学生役が多く、表現の基礎から学ばせてもらい、ありがたいことにお仕事もたくさんいただいておりましたが、ハタチ(20歳)・成人となってからは、女優として様々な役を演じるときに、才能だけでなく、社会人としての常識や職業人として経験がとても重要だと感じ始めました。

私は幼いころから和の伝統や様式、その繊細さや美しさに惹かれ、日本舞踊や和装などのお稽古事を中心に芸の勉強を重ねてきたこともあり、やはり「人として“和”を重んじる」という気持ちを大事に社会人・職業人としての経験を積むことを考え、「社会貢献活動」や 「世の中にとって大切なことを伝える仕事」に、女優活動と併行して従事することを決めました。

そんなとき、主演した舞台でご一緒した方から芝法人会を紹介していただき、全国各地での公益事業活動をニュースやWeb等で拝見し、「ご指導いただきたい」とお願いにあがり、最初のご縁をいただきました。


「税」と「税の大切さ」を考える“きっかけ”を創り出したいです

芝法人会のスペシャルサポーターの任用を受けてからこれまでの約2年半の間で、東京都内での小・中学生向けの租税教室の講師を25回ほど務めさせていただき、日本各地の法人会の皆さんとも、ご当地での租税教育企画を10回ほどご一緒させていただきました。各地の教育関係者・児童・生徒の皆さん、父兄の皆さんにも好い評価をいただくことができ、たいへん嬉しく思っています。

租税教育を中心とした法人会の公益事業は、子々孫々の明るい未来のため、世の中のため、 とっても素晴らしいことで、理想的ですが、その一方で、このような活動をしている「法人会」のことを、世の中のほとんどの人は「まったく知らない」のだということを、街頭での税務広報活動を通じて身をもって感じました。私はこれまでに延べ2万人の方々に税務広報物を手渡しして、挨拶を交わしました。

でもそのほとんどの方々は、特に反応もなく、「法人会」って何? 税務署の人? といった感じでした。とっても歯がゆいというか、寂しいというか。だからこそ、私自身が「税」について知り、理解しないといけないと思いました。そのうえでこその「租税教育」活動や「税務広報」活動でないと、誰の心にも届かないし伝わらないので、自分こそがまず勉強しないといけないと痛感しました。

その後、芝税務署広報大使を仰せつかり、「税務広報」活動を地道に続けたことを特にお認めいただき、2019年4月に「東京国税局長 感謝状」をいただくことができました。(※注1)
これからも、努力を継続して、より多くの方に「税」と「税の大切さ」を考えていただける“きっかけ”を一つでも多く創っていけたならと思っています。

※注1 公式ブログ(2019年4月27日)
https://ameblo.jp/naomi195116/entry-12458038653.html


租税教室の講師を務めることは、自分自身の成長にもつながっています

初めて租税教室の講師を担当したのは2018年9月の(港区立お台場学園)港陽中学校のときです。金井由光さん(株式会社スイファ、元青年部会長)の助手として勉強させていただきました。説明の担当はなく、ボードを貼るお手伝いでしたが、最初は間違えないことで必死でした。金井さんがすごく明るく、教室全体を巻き込む感じで税を考えてもらっているのを見て、たいへん感銘を受けました。

授業の内容は、小学生には「税を知ってもらう」、中学生には「税を考えてもらう」ことを軸にしています。東京国税局広報公聴官にご指導をいただいたとおり、分かりやすく・正しく導くことを心がけています。中学生のみなさんにはグループディスカッションの形式も取り入れて、一人一人の率直な意見を聞き、どうしたら良いか?を考えるきっかけを創り出すことに重点をおいて授業をおこなっています。

メイン講師を初めて務めたのは2018年11月、新島中学校です。終わったあとは反省点がたくさんあり、もっともっと自分自身が勉強しなければと強く思ったことを憶えています。それでも、授業の前後で税への印象が変わったか尋ねた時に「税の大切さがわかった」と生徒のみなさんが言ってくれたことが、その後の励みとなったとても嬉しい瞬間でもありました。

その後、中学生には8回、小学生は20回以上 授業で一緒に「税の大切さ」を考えてもらいました。授業後に、生徒・児童のみなさんが積極的に話しかけてきてくれて、その中には斬新な意見などもあったりして、とても刺激を受けています。感謝の気持ちでいっぱいです。


税務広報活動へも積極的に協力参加しています

「確定申告期間」ならびに「税を考える週間」を中心に日本各地で税務広報活動をおこなっています。JR新橋駅前など芝税務署管内のJR4駅での街頭税務広報を担当しているほか、東京駅前「丸ビル」さんでの税務広報イベントを担当させていただき、「東京横断税務広報」を東法連青連協のみなさんとご一緒させていただきました。

このほか、青森、仙台、金沢、愛知、福岡、熊本などで、租税教育に関する講話を担当させていただき、現地の法人会のみなさんや地元に根差したスポーツ選手のみなさんと街頭税務広報をご一緒しています。愛知県では県連「広報大使」を受嘱し、2019年の「税を考える週間」には名古屋国税局の皆様にもご一緒いただき「愛知県横断税務広報」を担当させていただくなど、講演会講師を含め、お役立ちの機会が増えています。


時流に即した方法での税務広報と租税教育に参画しています

新型コロナ感染症の拡大によって、対面での広報物の配布や租税教育イベントなどの実施にあたっては、異なる角度からのアプローチが必要となりました。

例えば愛知県連では、「確定申告期間」や「税を考える週間」において、テレビCMならびに地下鉄などの街頭ビジョンへの映像放映をおこなっていて、その主役を務めさせていただきました。また、愛知県連会長との対談記事を「日経新聞」さんの一面広告に掲載するなど、マスメディアへの展開を効果的におこなっています。

また芝法人会さんが現在定期的に配信されている、LINEやInstagramなどSNSを活用した税務広報&租税教育番組「税」って何だっけ?(※注2)のMCを担当させていただいております。

中学生から社会人まで、幅広い世代に影響力のある男性ボーイズグループMAG!C☆PRINCEさんやHi☆Fiveさんとご一緒していただき、毎回テーマを設定して、税がなぜあるのか、なぜ必要なのか、何のために使われているのかなどを、自分たちの言葉で話し合って、視聴者のみなさんと一緒に考える番組を制作・配信しています。

ICTの活用によって、スマホで簡単に視聴でき、ライブ配信のためリアルタイムで視聴者のみなさんからメッセージをいただけるようになっています。現在は平均2,000名の方にご視聴・参加いただいておりますので、感謝申し上げつつ、もっともっと視聴・参加者が増えていくように、分かりやすく・楽しい番組となるよう努力していこうと思っています。

このほか、国税庁動画チャンネル-YouTubeに掲載されましたe-Tax広報動画で主演させていただきました。(※注3)。東京国税局管内の大型ビジョンや街頭サイネージでの放映のほか、NEXCO東日本のPA・SAのデジタルサイネージでも放映されました。

国税庁、マスメディア、法人会員をはじめとされる企業のみなさん、そして「ワタナベエンターテインメント」さんなど芸能関係のみなさんと協力して、あらゆる方向からの税務広報・租税教育活動をおこなうことで、効果の高い法人会の公益活動になっていくと思いますし、それに協力参加させていただくことは、大切な得難い経験となっております。

注2 公益社団法人芝法人会 インスタグラムページでアーカイブ公開中
https://www.instagram.com/official_shibahoujinkai/

注3 国税庁動画チャンネル「わたしはおうちで確定申告」
https://www.youtube.com/watch?v=iovyGpK4nAM


もっと法人会の公益活動をPRしていきたい

「税」に関する大切な活動をしている法人会の、素晴らしい方々や素敵な企画内容をご存知でない方がすごく多いことを残念に思っています。女優としての活動をもっと増やすことで知名度がもっともっと上がれば、法人会の公益活動のPRで、もっとお役に立てるようになります。演技を磨き、努力を重ね、映像関係のお仕事を中心に、貪欲に挑戦していこうと考えています。

また、日本各地で活動をご一緒して感じていることは、地域に根差した法人会同士が、地域ごとの特性を活かして連携したら、相乗効果で何倍にも大きな効果が生まれるという「事実」です。ICTを活用することで、リモートでの連携が円滑におこなえる現代ですから、例えば「租税教室」も、遠隔地をインターネットで結ぶことで新しい可能性が生まれると思います。魅力ある法人会同士が心を一つにして取り組むことで、きっとどの地域社会でも認めてもらえると思っています。

これからも芸能活動と並行して、法人会の公益活動に協力参加してまいります。引き続きよろしくお願いいたします。


インタビューにご協力頂きありがとうございました。



関連リンク

公式ブログ(Seeds Of Happiness)
公式Twitter

ここからはカテゴリ内ナビゲーション

  • 公益社団法人 芝法人会 青年部会 
  • 〒108-0014 東京都港区芝5-9-5 TEL:03-3453-6351 FAX:03-3453-0681
  • Copyright © 芝法人会 青年部会 All Rights Reserved.