メインの内容へジャンプ 芝法人会

本文はココからです。

大樂 剛生さん/特別会員


大樂 剛生さん/特別会員 今回は入会2年目にして共益事業委員会 副委員長を務める、大楽デザインスタジオの大樂剛生さんにお話を伺いました。


青年部会に入会されたきっかけをお聞かせください

2015年春に参加した、港区主催の「みなとビジネス交流会」で、同じテーブル席にいらした近藤さん(現部会長)と名刺交換したことがきっかけでした。
名が同じ「タケオ」だったことから、ビジネス交流そっちのけで名の由来で大盛り上がりでした(笑)

その際に、法人会や青年部会の活動をお聴かせいただき、「租税教室」や「地域活動」に興味を持ち、特別会員として入会しました。

入会後、本田さん(現副部会長)が同じ出身高校の部活(アメフト部)の大先輩と知り、凄いご縁だなと思いつつ現在に至っております。


青年部会での活動についてお聞かせ下さい

入会してからまだ日が浅いのですが、昨年は公益事業委員として、「みなと区民まつり」の法人会ブース補佐や「講演会」の司会などの活動をいたしました。

今期は共益事業委員会として、「卒業式」「納涼祭」「交流会」「忘年会」などの企画・運営に参加いたしております。

毎回委員の皆さまと和気あいあいと活発に活動し、月一回の委員会が楽しみです。
さらに、今年は副委員長の大役を仰せつかり、同じ歳の齋藤委員長に刺激されっぱなしではございますが、補佐役なのに補佐されながら活動いたしております。


青年部会の活動やイベントなどで印象に残った事があればお聞かせ下さい

昨年の「金メダリスト岩崎恭子氏講演会」での司会進行です。
自ら志願をしたのですが、本番前日は緊張で一睡もできず、開始10秒前まで進行台本を何度も読み返していました。

いざ始まると、頭の中は真っ白となってしまい、無我夢中でほとんど記憶はありませんでした。気がつけば皆さんに支えていただき、無事に終えることができました。これがきっかけとなり、舞台度胸だけはつきました。


青年部会に入って良かったと思うことをお聞かせ下さい

入会して良かったことは数え切れません!

仲間ができたことは勿論ですが、積極的に委員会や各種イベントに参加すると、多種多様な業種でご活躍される先輩や同世代の経営者の方々にお会いする機会が増えます。色々な考えやプロセスなどを見聞きすることができ、大変刺激を受けています。そして、その経験が後日、社業やプライベートにおいて大変役立っております。

また、皆さん本当に熱い人ばかりです!自ら志があれば、ドンドン貴重な経験を積ませていただける場です。


では、本業についてお聞かせ下さい

1978年に父がグラフィックデザイン事務所を創業し、今年で38年目を迎えます。
社名のとおりデザイン会社でありますが、現在は、『デザイン事業』『3DCG及びPhoto事業』『プリプレス(版下/製版)及び印刷品質管理事業』の3つの事業を展開しております。

また、オフセット印刷の国際標準規格ISO12647-2認証(PSO認証)を取得し、国内外のブランドオーナー様と国内外の印刷会社様の架け橋になり、最適な色彩再現をご提供できるようデザインから印刷管理までの工程をご一緒させていただいております。


趣味はどんなことをされてますか?

スポーツ観戦、そして海に関するレジャーです。特にスキューバダイビングが大好きです。
昨年娘が産まれまして育児休暇中ですが、伊豆半島によく潜りに行きます。妻もダイバーなので、早く娘にもライセンスを取得させ家族で潜りたいですね。海の中はとても神秘的な世界なので、潜っているときは日常生活を忘れ、身も心もリフレッシュできます。


最後に、今後のご予定や青年部会でやりたいことなどをお聞かせください

オープンミーティングには積極的に参加したいですね。(なかなか都合が合わず参加できておりませんが…)

そして、入会時に興味を持ちました『租税教室』をぜひ経験してみたいです。実は昔から教師に憧れていて、人生一度は教壇に立ってみたいと思っております。もちろん教えるのではなく、教わるという経験をしてみたいですね!


インタビューにご協力頂きありがとうございました。



関連リンク

有限会社 大楽デザインスタジオ
大楽デザインスタジオ、印刷国際標準規格「PSO認証」を取得-PJ web news

ここからはカテゴリ内ナビゲーション

  • 公益社団法人 芝法人会 青年部会 
  • 〒108-0014 東京都港区芝5-9-5 TEL:03-3453-6351 FAX:03-3453-0681
  • Copyright © 芝法人会 青年部会 All Rights Reserved.