メインの内容へジャンプ 芝法人会

本文はココからです。

内田 剛さん/新橋第二地区


内田 剛さん/新橋第二地区 今回は、青年部会の公益事業委員として、また今年(2016年)7月からは自社の代表取締役に就任され、経営者としても活躍されている、東京通信電設株式会社の内田剛さん(新橋第二地区)にお話を伺いました。


青年部会に入会されたきっかけをお聞かせください

私が家業である今の会社に入社して2年ほど経った2013年です。
元々、前代表である父が法人会で長年お世話になっており、その父から「お前もそろそろ入れ!」と言われたのがきっかけでした。

父には「百聞は一見にしかず」という思いもあったのかは分かりませんが、法人会についての説明もないまま入会し、当時は少し恨みましたが(笑)、今ではこの素晴らしい団体・皆様との出会いの場を与えてくれたことに感謝しております。


青年部会での活動についてお聞かせ下さい

2014年より公益事業委員として、主に講演会、みなと区民まつり、租税教室の運営に携わらせていただきました。

昨年度までは現青年部会長の近藤丈雄さん(ミナト・メディア)、今年度より小林義典さん(オーバルパートナーズ)と超パワフル!!な委員長の下とても楽しく活動をしております。

また、今年度からは新橋第二地区の青年部会代表幹事も務めさせていただく事となり、重責も感じておりますが、楽しみながら自己成長に繋げて行きたいと思います。


青年部会の活動やイベントなどで印象に残った事があればお聞かせ下さい

一番の印象に残っているのは、みなと区民まつりです。今年で3年連続参加させていただいています。

今年はあいにくの空模様で、一時は嵐の様な風雨でしたが、それでも天候が回復してくると、大勢のご家族・子供達が参加してくれました。
「こんな天候でも来てくれるなんて、本当にこのお祭りを楽しみにしてくれているんだな」と思い、一生懸命自分も泥だらけになりながら、ゲームの進行に務めました。

今後は、小さい子供達に、お祭りを楽しんでもらいながらも、税のことをどうやってより一層知ってもらうか、公益事業委員として皆さんと一緒に考えていきたいと思います。


青年部会に入って良かったと思うことをお聞かせ下さい

法人会の皆さまとの関係は、会社の上司でも部下でもなく、どちらかがお客様という訳でもありません。

ある意味フラットな関係だと思うのですが(勿論、歴年のご活動、役職やご年輩の方々への当然の敬意はあります)、そのような中で一つの共通の取り組みに対してみんなで協力して物事を進めていく。その先陣に立って引っ張っていく方々のリーダーシップはすさまじいものがあるな、といつも勉強・感動させられています。

家業では従業員を引っ張っていく立場にありますが、これがもし上司・部下の関係が無かったらみんな自分について来てくれるのだろうか?と、常に自分を見つめ直すきっかけを法人会は与えてくれています。


では、先ほどから話題に出ている本業についてお聞かせ下さい

社は、セキュリティ・映像・音響・放送等に関する様々な設備・システムの提案・設計・施工・保守メンテナスを主な事業としています。
具体的な例ですと、ビルの防犯カメラや、劇場やホールのスピーカー等の音響設備、会議室のマイクや大型プロジェクターという設備を手がけさせていただいております。

名も知れぬ小さな会社ですが、国会議事堂・都庁等の国の重要機関の設備も長年お任せいただいていたりもします。

今年で創業65年目を迎え、7月に父である先代より引継ぎ、代表取締役社長に就任いたしました。
変化の激しい時代で市況も厳しくはありますが、祖父の代より続いたこの会社を、今よりもっとお客様と従業員に喜んでもらえる会社にする事を第一に、精進の毎日です。


最近プライベートで熱中していることはありますか?

ゴルフのセンスが絶望的に無く(笑)、ここ1年ほどはマラソンにはまっています。
1年でフルマラソン1回、ハーフマラソン3回参加しました。タイムは気にせず、ゆ~っくり走っていますが、汗をかく事で仕事等の色々な悩みをかかえる頭もスッキリしますし、走った後のお酒が美味しくなるのが魅力ですね。

もう一つの趣味は、休日に2歳になる娘と遊ぶことです。今は本当にかわいい盛りですが、大きくなったらきっと相手にしてもらえなくなるでしょうから(泣)、今だけの限られた時間だと思って大切に過ごしています。


最後に、今後のご予定や青年部会でやりたいことなどをお聞かせください

青年部会のインタビューなのに申し訳ありませんが、まずは受け継いだばかりの家業を、しっかりと安定・成長させていくことが第一だと思っています。
社内は先代の頃からの年上の従業員ばかりですので、リーダーシップをより一層磨く必要性を強く感じています。

青年部会での活動、部会員の皆様との交流は、その勉強に最適の場です。
皆様一人一人がそれぞれの会社のトップや重役に就かれている方々ですから、仕事への姿勢・仕草・考え方等いつも刺激を頂いています。勿論、学ばせていただくだけではなく、自分も部会員として、会をしっかりと盛り上げていきたいと思っています!


インタビューにご協力頂きありがとうございました。



関連リンク

東京通信電設株式会社

ここからはカテゴリ内ナビゲーション

  • 公益社団法人 芝法人会 青年部会 
  • 〒108-0014 東京都港区芝5-9-5 TEL:03-3453-6351 FAX:03-3453-0681
  • Copyright © 芝法人会 青年部会 All Rights Reserved.