メインの内容へジャンプ 芝法人会

本文はココからです。

村松 仙泰

お山の大将が助けられた「わかるよ」というひと言

 新橋で生まれ育ち、右も左も分からずに平々凡々と過ごした毎日。ちょうど平成に変わった頃、私は大学浪人中! とき同じくして父が体調を崩し、入退院を繰り返していた為、受験勉強と並行して家業を守ろうと、兄弟で二人三脚で頑張っていました。所謂、勉学と仕事の2足のワラジですね。父の元でみっちりとシゴかれたのを記憶しています。その経験が現在のビジネススタイルの礎となっているのは言うまでもありません。良いところは受け継ぎ、そうでない部分は改善し切り盛りしていたところ、父が他界。以来、相談できる相手がおらず、気負ってばかりで空回りの日々が続いたのでした。

 そんな時に芝法人会の存在を知り、躊躇なく入会。何と私と同じ様な環境で、いやそれ以上の過酷な状況で頑張っている仲間が沢山居るではないですか。「村松君の気持ち、わかるよ!」という、仲間からの何気ない優しい一言に何度助けられた事か…。私には力強いひと言でしたね。

 世間知らずの小山の大将である私でしたが、青年部会の仲間は、私の想像を超える様な苦労をされている方が多くいらっしゃる事に気付かされました。一代で会社を繁栄させた方、先代からの商売を拡げた方、危うい経営状態を必死に改善された方など・・・。学ぶべきが多い方々が集まる会、それが芝法人会 青年部会だと思うのです。芝の法人会活動、特に青年部会は異業種交流の最たるモノと感じているのは私だけでしょうか。芝法人会 青年部会は紛れもなく鍛錬の場です。自分を表現する事を通じて、自己研鑽をしてゆく場だと私は思うのです。芝法人会 青年部会で学んだ事は、仕事やコミュニケーションなどに置き換えて活用する事で、大きな成果を挙げる事が出来る、言わばOJT活動だと言っても過言ではありません。

人との繋がりの中に何を見つけるか

 私は芝法人会に入会した事で、多くの方々と知り合う事ができ、また、そういった方々と切磋琢磨させて頂くうちに、人間的に大きく成長できたのではないかと思うのです。なかには親子ほど歳がはなれた先輩もいらっしゃいます。こういった先輩方とお付き合いをさせて頂く事により、自分の考え方の幅が広がったのでしょうか、多くの事を勉強させて頂いた様に思います。今後も、芝法人会において知り合った仲間・先輩と共に色々な活動を通して、切磋琢磨したいですね。

「一所懸命 切磋琢磨」 自分では解決できないモノ、芝法人会 青年部会に……アルんです。

多くの先輩方の思いを胸に秘めて

 平井部会長(当時)に優しく声をかけて頂いたこと、萩原副部会長(当時)から「発言すればする程勉強になるよ」とアドバイス頂いたこと、有難く存じます。稲数部会長(当時)体制での会議運営、記録の重要性、協議・審議の進め方は、私にとっては衝撃的でした。内藤部会長(当時)との(茅ヶ崎に関する)情報交換は有意義でしたし、何よりも印象的だったのは、ご自身の発言に対し間違いを認め、実直にお詫びをしていた姿。感動しました。助成金の活用法に関する伊波部会長(当時)からのノウハウ、今でも大切に心に保管しています。同じ地区の故岡田先輩からは、良くも悪くも法人会の様々な側面を教えて頂きました。

 新体制でもこういった数々の先輩からのご恩を、同じ様に後輩に受け継ぐ事で先輩方への最高のご恩返しになるものと胸に秘め、行動するつもりです。これまで多くの時間を厚生委員として費やして参りましたが、新体制では執行部と共に、研修委員長として各委員長と連携を取り合って法人会活動を盛り上げる所存でございます。他の委員会に負けぬ様、互いに刺激を受け合い切磋琢磨する事で、一所懸命に事業を企画・運営する事が、私に与えられたミッション。研修会では、部会員の皆様に役立つ内容を、的確に伝えられる様、頑張る以外にありません。是非、研修会に足を運んで下さいます様、宜しくお願い致します。

「先輩からのご恩」を一所懸命、研修会に反映させたい

村松 仙泰 (むらまつ のりやす) / 芝法人会 青年部会 新橋第一地区 所属

<パーソナルデータ>

1969.11.10
港区東新橋に生まれる
1988
区立桜川小学校、区立御成門中学校、都立大森東高等学校を経て、村松不動産(現 村松仙室)株式会社に入社
1989
村春(現 村松仙春)株式会社に入社
1994
帝京平成大学 経営情報学部に入学
村松仙室、村松仙春の取締役に就任
1998
村松仙春 代表取締役副社長に就任
1999
芝法人会(青年部会)に入会し、新橋第1地区の代表幹事に就任
この後、厚生委員会を3期6年務めるなど、芝法人会 青年部会への思い入れも強く、東法連合同交流会 実行委員会への参画や芝青会の各クラブの立上げにも尽力
2009
青年部会 研修委員長に就任

<ビジネスデータ>

株式会社 村松仙室
・ビル管理
・岩塩の販売
株式会社 村松仙春
・酒類小売業
・ビルテナント業
 
新橋・汐留で「ビール屋さん、出前お願い!!」をモットーに酒屋を生業としております

株式会社 村松仙室

東京都港区東新橋2-2-10
Tel:03-3459-8160 Fax:03-3433-0530

株式会社 村松仙春

東京都港区東新橋2-2-10
Tel:03-3431-8835 Fax:03-3431-8768

  • 公益社団法人 芝法人会 青年部会 
  • 〒108-0014 東京都港区芝5-9-5 TEL:03-3453-6351 FAX:03-3453-0681
  • Copyright © 芝法人会 青年部会 All Rights Reserved.